FC2ブログ
ジンクス
20060615182714
ここは、公民館の2階にある自習室です。

特に、隅のこの席は、私の家族にとっては魔法の場所です。

ここで勉強して妻は、福祉の国家資格を2つ、私も建設関係の国家資格を2つ取っています。

あまり知られていないため、独り占め状態でありますが、それを差し引いても、ここで勉強すると受かるというジンクスは、健在です。

次の資格に向けて、今も通ってます。
スポンサーサイト



作品タイトル:星降る夜に



ホタルが乱舞している様をモモンガが眺めているという設定です。

実際にホタルがたくさん舞っている光景を見たことがありますが、本当に幻想的でした。

情緒的に光が明滅するのは、日本固有であり、外国のホタルは点滅に近いそうです。
ちなみに、ホタルの幼虫は、力が十分に蓄えられていないと、羽化を翌年に回すそうです。

つまり、ホタルの浪人ですね。

まあ、人生、焦らなくても良いんじゃないのと、そんなメッセージを感じます。

マンダラ塗り絵、実際にやってみました!!Part2
mandara


マンダラ塗り絵の2作目です。

模様が複雑なため、時間がかかりましたが、塗っている最中は、
無心のためか、あっという間に、時間が過ぎました。

結構、面白いので、他のマンダラも塗ってみようと思います。
作品タイトル:下水道フェスティバル




ネズミのロックフェスティバルをイメージして描いています。

よく見ると、楽器が空き缶、洗濯ばさみ、ボールペン等で出来ています。ちょっと遊んでみました。

自分がネズミになったら、何で楽器をつくろうかと考えていたら、こんな作品になりました。

できるかな
できるかなのノッポさんで有名な高見映さんがこんなことを言ってました。
できるかなが長年続いた理由は、自分が不器用だったからと。
不器用だからこそ、作品が完成した時に、本当に嬉しかったと!!
それが、視聴者に伝わったのでしょうね。

私も不器用です。生きているのが、窮屈に感じる時が多いです。それでも、逃げずに懸命に生きている姿が誰かに勇気を与えることができたら素敵だと思います。

そして、今日も生きています。
作品タイトル:ひまわり畑



山梨県の藤野町は、広大なひまわり畑で有名です。

昔、家族で出かけたときに非常に感動したので、イラストに
してみました。

名作映画『ひまわり』のオープニングでも広大なひまわり畑が
映し出されていましたが、それを思い出しました。
作品タイトル:レンゲ畑にて



この作品は、色鉛筆だけで描いています。

フクロウとリスは食う食われるの関係であり、実際こんなことは
あり得ないのですが。
でも、そこが絵の良いところではないかなと思っています。

ルノアールが言っていました。
世の中、こんなにつらいことがたくさんあるのだから、絵くらいは
美しいもので満たしたいと。

リアルさ、写実性は、写真に任せて、絵でしか表現出来ないことを追求したいと思います。

作品タイトル:フクロウ



何年か前、池袋のサンシャインシティで『生きたふくろう展』を開催していました。

各国のふくろうが勢揃いし、展示されていましたが、結局、一番気に入ったのは、日本の普通に生息するふくろうでした。シンプルイズベストでした。

この作品は、実物のフクロウを見ながら、鉛筆でスケッチしました。
ほとんど、動かないためモデルとしては、最高でした。
Copyright © こころコロコロ. all rights reserved.