FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うつ病奮闘記:大事故1
2004年10月23日 午後4時

私は、関越自動車道の真ん中で転倒したマイカーと路上に散乱するお土産と紙おむつの中に倒れている血まみれの妻と娘を呆然と見ながら立ち尽くしていた。

新潟中越地震発生の1時間前だった・・・・・。


会社を休んでから、2ヶ月が経過した頃です。心療内科とテルミーを併用しての治療がと休養が効を奏してか、徐々に気力を取り戻し、普通の生活を送れるようになりました。
先生のほうからも、回復は順調であり、会社への復帰も近いとのこと。ここで、気分転換に家族で旅行に行ってみてはという先生のアドバイスがありました。

妻にも苦労をかけたので、慰労も兼ねて妻と幼い娘をつれて、水上温泉へ2泊3日の
ドライブへ出かけました。天気にも恵まれ、楽しい旅になりました。
久々に、生きている幸せを感じました。
そして、お土産をいっぱい買って、家路に着きました。
高速道路に乗って、しばらくしてからです。
ふっと意識がとび、次の瞬間、ものすごい音がし、車がひっくり返った状態で走行し、道路中央で止まりました。

さかさまの状態で後部座席を見ると、妻と娘が見当たりません。ガラスの破片にまみれたカラの座席があるだけでした。

急いで脱出すると、冒頭のような状況になっていました。

何とか、2人を道の端に引きずっていきました。奥さんは血まみれでしたが、意識はありました。娘は、もうろうとしていて、眠りそうになっていました。必死で
娘の名を呼びました。

気が付くと、他の人が呼んだ救急車とパトカーがやってきました。
スクラップになった車をあとに、病院に連れて行かれました。

書いていてつらくなってきたので、続きは後日にいたします。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

あ~・・・なんということでしょう

言葉が見付かりません お気の毒で

快復に向かっているのでしょうか。

快復するよう祈っています。祈っています。

僕もウツ治療中です。
.f. | URL | 2005/10/06/Thu 12:30 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © こころコロコロ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。